京都市、烏丸駅、四条駅、下京区、中京区エリアの帰化に関する無料相談《帰化申請・永住許可申請・在留資格(ビザ)認定・在留特別許可》は行政書士へ

外国人の在留許可・帰化申請のエキスパート 行政書士四条烏丸法務事務所

烏丸駅・四条駅で帰化・在留許可・ビザ申請は行政書士 申請における注意点

申請手続きを進める際に注意していただきたいこと

帰化、永住許可、在留資格認定、在留特別許可の申請手続きは非常に複雑なため、申請から許可が下りるまでには短くて数ヶ月、長ければ1年以上の期間がかかります。許可の基準や必要な期間については明確な基準が公表されていないため、不安を抱かれる方も多いと思いますが、当事務所では相談者様のこうした不安を解消するよう、丁寧なサポートを心がけております。
万が一にも不許可にならないように、当事務所までお気軽にご相談ください。

帰化、永住許可、在留資格認定、在留特別許可の申請の際には、下記の点にご注意ください!

申請書類には本当の事を書きましょう!

役所に提出した書類に嘘の記載があると、それだけで許可は下りません。特に、相談者様ご自身が作成しなければならない書類(動機書など)に嘘の記載があった場合には、たとえ嘘を書くつもりがなかったとしても許可は下りませんので、不安な方はお早めに当事務所までご相談ください。

交通違反などの違法行為をしないようにしましょう!

帰化や永住許可の許可・不許可の判断において最も重要なことは、申請者本人の日頃の行いの善し悪し(素行)です。申請手続き中は軽率な行動を慎み、交通違反などの違法行為をしないよう注意しましょう。また違法行為をしてしまった場合には、速やかに届け出ましょう。当事務所にご相談いただいた場合、専門の行政書士が必要な手続きを行います。

役所からの指示はきちんと守りましょう!

書類の提出期限(締め切り)や面談の日時について役所から指示があった場合には、必ずその指示に従いましょう。特に面談については、役所側も多くの申請を抱えているため、一度指示された面談の予定を守らなかった場合に、申請する意思がないものと判断されてしまいます。どうしても指示された日時で都合が合わない場合には、その事を役所に申し出るか、早めに当事務所までご相談ください。当事務所にご相談いただいた場合、専門の行政書士が役所との調整を行います。

当事務所は皆さまからの帰化・永住許可・各種ビザ申請のご相談を承っております。お気軽にご相談ください。

サイドメニュー