京都市、烏丸駅、四条駅、下京区、中京区エリアの帰化に関する無料相談《帰化申請・永住許可申請・在留資格(ビザ)認定・在留特別許可》は行政書士へ

外国人の在留許可・帰化申請のエキスパート 行政書士四条烏丸法務事務所

烏丸駅・四条駅で帰化・在留許可・ビザ申請は行政書士 在留資格(ビザ)認定在留資格(ビザ)の種類就労ビザについて

就労ビザについて

就労ビザとは

日本で働いて収入を得るためのビザです。就労ビザというのは通称で、実際には対象となる職業に応じて細かく種類が決められています。種類ごとに働ける職種が決まっており、ビザで許可された職業以外の職に就くことはできません。

当事務所は皆さまからの就労ビザ変更のご相談を承っております。お気軽にご相談ください。

就労ビザへの変更手続きの流れ

就労ビザへの変更申請には、数多くの手続きが必要になり、手間と時間がかかります。
当事務所では相談者様のこうした負担を減らすため、必要なことはすべて代行させていただいております。

  1. Step1 専門家に相談する

    まずは当事務所までご相談ください。
    当事務所では、就労ビザ変更申請についての初回相談は無料となっております。お気軽にご相談下さい。

    行政書士四条烏丸法務事務所
    TEL:075-741-8178
    受付時間:月~金曜日(9:00~18:00)
    ※土日祝日はメールのみ受付けております。
    メールでのご相談
  2. Step2 ご依頼

    委任契約の締結及び、委任状への署名・捺印をします。
    その後、就労ビザ変更申請の際にご用意いただきたい書類について、ご説明いたします。
    なお、ご相談の結果、当事務所にご依頼いただけない場合については、料金は発生しません。

  3. Step3 提出書類の取得・作成

    ご依頼後、ただちに必要書類の取得、及び関係書類の作成を始めます。
    当事務所では就労ビザ変更申請に必要な書類について、行政書士が取得を代行いたします。また、相談者様ご自身が取得・作成する書類についても、丁寧にご説明いたします。

  4. Step4 入国管理局(在外日本大使館)に申請

    書類が揃いましたら、入国管理局に書類を提出します。当事務所にご依頼いただいた場合、必要な手続きはすべて行政書士が代行いたします。
    申請者本人が外国にいる場合には、必要な書類を現地へ郵送したうえで、申請者本人に現地の日本大使館へ提出していただく場合もございます。

  5. Step5 許可・不許可の決定

    結果が通知され次第、ご相談者様にご連絡するとともに、書類をお返しいたします。
    万が一不許可になった場合には、速やかに再申請の手続きをさせていただきます。

就労ビザへの変更に必要な書類

当事務所では就労ビザへの変更に必要な書類について、行政書士が取得を代行いたします。また、相談者様ご自身が取得・作成しなくてはならない書類についても、丁寧にご説明させていただきます。

在留資格認定証明書交付申請書
申立書
申請者の写真
※16歳未満の方は不要
外国人患者に係る受入れ証明書
身元保証書
日本での活動内容に応じた資料
質問書
※この他にも申請に必要な書類が発生する場合があります。
詳細は当事務所までご相談ください。

当事務所は皆さまからの帰化・永住許可・各種ビザ申請のご相談を承っております。お気軽にご相談ください。

サイドメニュー